スープメーカーが便利。ほったらかしでスープができちゃう!

んにちは、ひなたです。

寒くなってくると、温かいスープがおいしいですよね。

今回は自分が使っているスープメーカーをご紹介!


 
自分はTMYというメーカーのスープーメーカーを使っています。
上の製品の一つ前の型かな?2001WHを使ってます。(こちらは旧式でもう取り扱いがないのかも。出てきませんでした。)

スープメーカーって??

簡単に言うと加熱機能のついたミキサーのイメージですね。
材料を細かく砕いたスープだと

加熱して材料が柔らかくなる→そこからミキサーで細かく材料を砕く→あとは塩・コショウなどで味付けして仕上げ

という流れでスープができます。

材料を入れて、スイッチを入れるだけであとは30分ほどしたら出来上がります。

ニンジンのスープを作ってみた

IMG_0665[1]

まずは材料を入れます
今回は、ニンジン、タマネギ、ニンニク、水で作ります。

IMG_0666[1]

煮立って少し材料が砕かれたところ

IMG_0667[1]

出来上がり~
塩コショウで味付けして仕上げます

IMG_0669[1]

カップに入れました。
なかなか濃厚でシンプルな味付けでしたがおいしいです!

メリット・デメリット

自分が感じるメリット・デメリットあげてみますね。

メリット

  • 材料をカットしたらあとは自動でできるので、手間がかからない
  • コンロでつくるときのように火加減やふきこぼれを気にしなくて良い
  • こぼれたりすることもないので、キッチンでなくても使える。(一人暮らし用の部屋などでもキッチン以外の場所で使うことも可)
  • コンロを占有しない。
  • ミキサーとしても使える。
  • 常についてなくていいので、他のことをしながら調理が完了するので、時間の節約になる。

デメリット

  • 音が大きいので、使う時間帯を選ぶ。通常のミキサーと同じくらいの音。
  • 材料を一度に入れて調理開始するので、細かい火の通り具合の調整はできない。
  • ある程度収納スペースを取る。
レシピ集も付いていて、自分の持ってるものだと、リゾットやスムージー、おかゆ、豆乳、ミルクセーキなどにも使えます。

各メーカーによって形や機能もかなりいろいろあるみたいですね。

これから他の調理法もいろいろ試してまた記事書きますね。