広島空港のすぐそば。八天堂カフェリエ限定の「デニッシュ生地のくりーむパン」を食べたよ!

 

こんにちは、ひなたです。
 
広島発祥で全国で展開している八天堂のくりーむパン。
 
今では、東京や大阪をはじめ全国で販売されているのでご存知の方も多いですよね。
 
さて、最近広島空港のすぐそばに、八天堂のカフェ「カフェリエ」がオープンしました。
今回家族がカフェリエに行って来て、お土産に限定くりーむパンをもらったのでご紹介!
 

八天堂カフェリエ

 
2016年7月21日に広島空港のすぐそばにオープンした八天堂カフェリエ。
 
食事のできるカフェだけでなく、くりーむパン作りも体験できるカフェ+アトリエで「カフェリエ」。
テイクアウトの商品のショップも併設されています。
 
 
NewImage
 
今回、家族がくりーむパン作りに参加して来て、お土産に販売されているくりーむパンを買ってきてくれました。
 
 
 
 

カフェリエ限定!デニッシュ生地のくりーむパン

 
八天堂のくりーむパンはカスタードからチョコ、抹茶までバリーエーションが豊富。
そんないろんな種類のくりーむパンの中でもカフェリエ限定販売のデニッシュ生地のくりーむパンを食べましたよ。
 
八天堂は全国で見られるようになったのは最近ですが、実は創業昭和8年のかなりの老舗。外箱のラベル。
IMG 2431
ケーキのように保冷剤といっしょに箱詰めされています。デニッシュのパンというよりカップケーキのような形。
IMG 2427
赤と黒のストライプのカップに入っています。カップには消費期限のラベルも貼られています。消費期限は販売当日なので食べるのはお早めに。
IMG 2428
カップから出したところ。いい色に焼けたデニッシュ生地が食欲をそそりますね〜。
IMG 2429
通常のくりーむパンに比べてクリーム自体は少なめ。生地の食感がふんわりと軽いです。
IMG 2430 
通常のくりーむパンが生地がしっとりでクリームもたっぷりなので結構ボリューム感があるんですが、デニッシュだとやや軽めな印象です。
八天堂のパンは生地がモチっとしっとり冷たいイメージなのですごく新鮮。
 
くりーむパン一個丸ごとだと一気に食べれないって人でも大丈夫そう。
 
可愛いらしい見た目もグッドですね。お土産にも喜ばれそうです。
 
ちなみにお値段は300円で通常のくりーむパンの210円に比べて少し価格は高め。
 

カープファンのお土産に最適?!カープくりーむパン

 
他にもくりーむパンをもらったのでご紹介。
 
広島の会社ということで、カープバージョンのくりーむパンもあります。お値段は220円
 
カープファンならテンション上がりそうな真っ赤なパッケージ。
IMG 2432
くりーむパンは販売日の翌日が消費期限です。要冷蔵。
IMG 2433
パンの表面もカープ坊やが!ファンは絶対喜びますね〜。
IMG 2434
中はカスタードクリームがたっぷり!食べ応えありますよ。冷やして食べるくりーむパンは夏のおやつに最適ですね。
IMG 2435
 

ノーマルくりーむパン

 
こちらはノーマルのくりーむパン。
昔ながらっぽい感じのデザイン。和菓子のようなレトロな感じの包み紙もいいですね。画像は抹茶とカスタード。
 
通常販売のくりーむパンだけ
・カスタード 210円
・生クリーム 220円
・小倉 230円
・抹茶 220円
・チョコレート 220円
IMG 2436
 冷やして食べる「くりーむパン」。ノーマルだとこんな感じです。
IMG 2437
割ってみるとクリームがたっぷり!!冷たいクリームがたくさん味わえてめちゃくちゃ好き! 
IMG 2438
 

まとめ

 
今回は、ニューオープンの「八天堂カフェリエ」のお土産でした。
 
八天堂自体が食べたことない方は、ぜひ一度くりーむパンから食べてみてください。クリームがたっぷり入っててクリーム好きにはたまらないスイーツです。
通販でも販売されているのでお取り寄せもできますよ。
他にもジャムパンやメロンパンも販売されているので今度食べてみようと思います。
 
カフェリエのショップでは、かなりの数の限定商品があるので近々行って、他の商品もお試ししてみる予定です。
また記事にあげますのでお楽しみに!
 
追記
八天堂カフェリエでクリームたっぷりのスイーツプレートを食べてきましたよ
表面がカリカリのフレンチトースト風のくりーむパンおいしかったです!
その記事はこちらから。
 

八天堂カフェリエ店舗情報

 
・住所 広島県三原市本郷町善入寺用倉山10064-190
・営業時間 10時〜18時 
・定休日 年末年始以外無休
・駐車場 40台(無料)
 
くりーむパン作りは要予約で1500円。
 
八天堂の公式ホームページ