Amazonベーシック充電池を導入。コスパ抜群でゴミも減るよ

こんにちは、ひなたです。

少し前になりますが、家で使っている電池を通常の乾電池から、充電池に切り替えました。

充電池にすると、スマホなどのバッテリーのように家庭用電源で充電することで、同じ電池を使い続けることができるというもの。

いろんなメーカーから充電池は出ていますが、今回ぼくが選んだのは、「Amazonベーシックの充電池」。

使い始めて感じたのは、電池の買いだめが不要、電池ゴミが減る、同じ電池を使い続けるので初期費用以外にかかるのは電気代だけ、とメリットしか感じていません。

日用品としてオススメの「Amazonベーシックの充電池」について紹介していきますね。

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)
Amazonベーシック(AmazonBasics)
Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単4形8個パック(充電済み、最小容量 800mAh、約500回使用可能)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

充電池に切り替えたワケ

通常の乾電池だと、充電池に比べて単価が高い、また回収日の少ない電池ゴミが発生するのが不満な点でした。

そこで充電池に切り替えてみたというのが、充電池に切り替えた理由。

単3と単4電池本体と、初回ということで充電器と電池ケースも合わせて購入しましたよ。

Amazonベーシック充電池の外観

Amazonベーシック充電池の箱の外観

単3、単4電池ともに8本パックで買いました。電池が切れた時に対応するストック用にいくつかは欲しいので、また買い足す予定です。

単4がグレー、単3が黒の配色。色が違うので一目でわかりやすく見分けられていいですね。

Amazonベーシック充電池の充電機

充電機は単3、単4電池ともに4本づつ充電できます。背面にコンセントのプラグが内臓されているのでケーブルは不要です。

こちらは単4電池です。

こちらは単3電池

このように1つのスロットで単3、単4どちらもセットすることができます。

もっと大量に電池を使う機会が多い方は、10本以上などのスロット数の多いものを買うといいですね。

Amazonベーシック充電池の使い方

うちでは、置き時計、ワイヤレスマウス、キーボード、各種リモコンに使っていますよ。

いくつかの予備電池は充電しておいて、電池ケースにストックしています。

マウスやキーボードなどはすぐ次の電池を使いたいので、何本か多めに買っておくといいですよ。

ケースに入れておくとキレイに整頓できて良いです。単3単4を一緒にしまえるケースを使っています。

Amazonベーシック充電池はコスパ良しで買い物の手間も減る

充電池だと初回の購入で充電池本体と充電機を買えば、あとは買い物にコストはかかりません。

電気代も一回あたりは微々たるもの。買い物に行く手間が省けるのも嬉しいポイント。

また同じ充電池を使うからゴミも出ません。電池ゴミって回収日が少ないから、しばらく家に置きっ放しになって気になるんですよね。

ただ充電した電池は電気が抜けやすいので、災害時などの非常用の電池としてはイマイチです。

保存の効くタイプの電池を別でストックしておきましょう。10年保存可能な商品もありますよ。

まとめ

今回は、Amazonベーシックの充電池を紹介しました。

電池を使い回せることで、ちょっとした手間が半永久的に省けるので買って良かった日用品の1つです。

まだ導入されてない方は一度検討してみることをオススメしますよ。

では、また。

一人暮らしをしてて買って良かったもの、おすすめグッズまとめ
Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)
Amazonベーシック(AmazonBasics)
Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単4形8個パック(充電済み、最小容量 800mAh、約500回使用可能)
Amazonベーシック(AmazonBasics)