【レビュー】キャノンのデジカメ Power Shot G9Xを2か月使って感じたこと、まとめ。

こんにちは。ひなたです。

キャノンのコンデジPower Shot G9Xを購入して2か月ほど使ってみたので、使ってみて感じたことをまとめてみます。

 買ってすぐにに書いた記事はこちら!
 
 
 G9Xで撮影した画像をまとめた記事も書きました
 
 

G9Xはコンパクトさが最高!スマホ感覚でポケットから出してすぐ撮れる!

IMG 1013 
 
 
このカメラの一番のメリットが、この小ささ。
ポケットに入れておいて、サッと取り出してすぐ撮れる。
ぼくがこのカメラを買った一番の理由です。
 
IMG 1079
△少し厚みはありますが、ポケットに入る大きさ。
 
IMG 1032
△手のひらに、まるっと入る大きさ。
 
大きさでいうと、幅9.8センチ、高さ5.8センチ、奥行き3.1センチほど。
 
重さは、バッテリーとメモリーカードを含めて、209グラムほど
iPhone6sで143グラム、iPhone6sPlusで192グラムとスマホと同じくらいとまではいかないですが、
体感としては、ポケットに入れてても違和感ない重さです。
 
IMG 1017
△左からiPhone6、G9X、Wi-Fiルーターで大きさを比較。縦横だけで見ると、めちゃくちゃコンパクト!
 
IMG 1021
△厚さを比較。iPhoneやWi-Fiルーターと比べると、やはり厚さはあります。
 
IMG 1023
 
ネックストラップで首にかけてもストレスないです。
軽いので、ハンドストラップだけで良かったかなと感じるくらい。
 
どこかに持って行く時も、モバイルバッテリーを一つ追加するくらいの重さなので、ストレスになりません。
 
ぼくは一眼レフも持っていますが、持っていくとなると、荷物一つ増えるくらいの感覚なんですよね。
 
なので、写真を撮るだけでなく、歩き回ったり、旅行でお土産買ったりで手持ちの荷物が多い時なんかは
すごくいいです。
 
 

G9XはUSB給電ができる!

 
USBでの給電ができるので、専用のバッテリー充電器がなくても充電できます。
スマホと同じでMicro USB端子を差し込んで充電できます。
 
ただしスマホと違って、USBで充電時は、撮影ができません。
そこはご注意を。
 
 IMG 1033
△USBから給電中。給電中は、右下のランプが点灯します。
 
バッテリーが切れてモバイルバッテリーで充電しても、充電しながら撮影はできませんので、しばらくそのバッテリーは使えないことになります。
ですので、予備のバッテリーも準備しておくのがオススメです。
バシバシ撮影してると意外とバッテリー残量無くなるのは早いです。
 
カメラ本体でUSB給電できるので、バッテリーを一つは本体に入れて、一つはバッテリー用充電器でと、2つのバッテリーを同時に
充電することもできるのは便利です。
 
 

コンパクトだけど画質がキレイ!

 
一眼レフとまではいかないですが、スマホのカメラに比べるとやはりキレイです。
一眼と比べると少しレンズが暗くて、光が少ないところだと差が出ると感じます。それでもかなり画質はいいです。
 
あとは、スマホだと手ブレしやすいですが、同じくらいのコンパクトさでブレにくくサッと撮影できるのがいいですね。
 
撮った画像いくつか載せてみます。
IMG 0316
IMG 0142
IMG 0042
IMG 0011
 
 

Wi-Fiでスマホに転送できるのが便利

 
カメラで撮って、Wi-Fiですぐスマホに写真を転送できるので、カメラの写真をすぐにスマホから誰かに送ったり、SNSに投稿したりできます。
 
以下、手順をざっくり書いておきます。
 
 IMG 1034
△まずは専用のアプリをインストール
 
IMG 1036
△画像再生の画面からWi-Fiを起動します。
 
IMG 1037
△デバイスを選択
 
IMG 1040
△Wi-Fiのアクセスポイントが表示されます。
 
IMG 1042
△カメラ指定のアクセスポイントに接続。
 
IMG 1043 
△キャノンのアプリを起動。
 
IMG 1044
△送信します。一つでも、複数まとめても送信できます。
 
IMG 1045
△送信中
 
IMG 1046
△完了!!
 
転送速度も思った以上に早くてあっという間でした。
 
パソコンを持ってなくて、スマホをメインに写真管理している人にも使いやすいです。
 
Wi-Fi未対応のカメラで撮った画像が入ったカードを、G9Xに挿して、スマホに送るのもアリですね。
 

タッチパネルでピント対象をワンタッチで設定できる。

 
今までのデジカメにあった、十字キーがなくなって、スマホと同じタッチパネルがメインの使いかたになっています。
なので、液晶周辺はスッキリとした印象になってます。
 
あとは撮影中に、液晶に映っている画面で、ピントを合わせたい対象をクリックすれば、自動で合わせてくれます。
すごく手軽で便利でよく使ってます。
 
IMG 1047
△撮影対象が複数ある場合、タッチパネルでピントを合わせる対象を選べます。 
 
 
 
 

カラーバリエーションが選べる

 
アウトドア向けや、低価格のコンデジだとカラーバリエーション豊富なんですが、
ある程度の価格以上になると黒一色な感じがありますね。
あまり明るい色だと高級感無くなるからか。。。
 
 
黒だけでなく、シルバーもあったのも自分がG9Xを選んだ理由です。
ぼくはシルバーを使っています。
 
NewImage
 
  

撮影モードが豊富

 
星空モードや手持ち夜景撮影モードなども入っています。
こちらはまだ使ってないので、体験は語れませんが、雑誌などで見る限り、すごく良さそうです。
 
NewImage

  NewImage

キヤノン:PowerShot G9 X|多彩な撮影表現

 

 そちらもいい写真撮ったら、載せてみますね。

 

G9Xのイマイチな点

 
では、逆にデメリット、イマイチだなって感じるところです。
 
・液晶が可動しない
そのために薄さを実現できていると思うのですが、低い位置の植物を撮るとか、自分が持って撮りにくいものを撮るときは
少し不便に感じますね。
自分はあまり機会はないですが、自撮りや、低い位置の植物や動物を撮るなどの機会が多いなら、可動式の液晶の機種がいいと思います。
 
 
 
NewImage
△ちなみにこちらは、同じキャノンのG5X。G9Xは液晶が固定で稼働しませんのでご注意ください!
 
IMG 1011
△こういう場面では、液晶が可動するといいですよね。
 
 
 
 
・USB給電中に撮影できない。
モバイルバッテリーでの給電中に撮影できたらカメラ専用の予備バッテリーがいらないのに、と考えるとここは改善されると嬉しいですね。
給電中の撮影ができれば、もっと荷物が減らせます。
 
・コンパクトなので、安定して構えにくい。
完全に好みの問題ですが、かなりコンパクトなので、構えてファインダーを覗いて撮るという感じではないです。
そういう感覚が欲しいなら、別機種ですね。
 
 
・一眼レフに比べるとレンズが暗い。
製品としては、高級コンデジという位置付けですが、やはり一眼レフの方が明るくてキレイです。
一眼レフのキャノンEOS Kiss X50 を併用していますが、風景を撮ると少し暗い場面だと差があるなと感じます。
 
 
 

まとめ

 
使ってみて、普段の日常から持ち歩いて思いついたときにすぐ撮りたい、そういう人にはG9Xはすごく良いカメラだと実感しています。
 
 
 
基本はこのカメラで、キレイな風景を撮るだけの目的で出かける時は、一眼レフでという使い方をしています。
と言っても、他に荷物があるとどうしてもこのカメラがメインで、一眼レフは家で眠りがちになってます。
 
高級コンデジという位置付けなので、価格は高めです。僕は5万円ほどで購入しました。
ですが、画質や扱いやすさを考えるとかなり使用頻度は多くなりそうなので、いい買い物をしたと思っています。
 
画質は一定の水準以上で、持ち運びやすさ、取り出してすぐ撮れる手軽さを求める人にはとてもオススメのカメラです!
 
追記。9ヶ月使って感じたことをまとめました!
 
 
 
では、また!