ニトリの「点で支える体圧分散 敷きふとん」。厚みがあって寝心地バツグン!

 

こんにちは。ひなたです。
 
3か月前ほど前にフトンを新調しました。
買ったのは、ニトリの「点で支える体圧分散 敷きふとん」。
価格は17899円。
ニトリは割と手頃な値段のイメージがあるのでニトリのフトンとしてはなかなかのお値段でした。
 
IMG 1741
 
 

睡眠に投資しよう

 
たまに疲れが抜け切れてないなって感じることもあり、最初はマットレスと普通のフトンを買うつもりでニトリへ。
ところがたまたま見つけたこのフトンに惹かれて予定変更して買っちゃいました。
お値段はフトンだけで見るとなかなかなのでかなり迷いましたね。ほぼ2万円近いですから。
かなり迷ったんですが、西川のエアーも試してみたいと思ってたこともあり思い切って購入しました!
ちなみに西川のエアーは倍くらいのお値段です。
▽エアーはこんなやつです。素材の見た目はかなり同じ。
 
あとはフトンとマットレスが別々よりは、一枚で扱える方が毎日のフトンの上げ下ろしもしやすいだろうなと感じたのもあります。
 

思った以上に沈まない。固めで寝心地もよし!

 
カバーの中に黒いスポンジのような素材が入っています。
IMG 1739
カバーの端がメッシュになっていて中の素材が見えるようになっています。
通気の効果もあるのかな?このメッシュ。
IMG 1740
▽カバーを外してみましょう。
IMG 1746
 

タマゴケースのような表面 

 
表面には全体に突起が出ててタマゴケースのようですね。
この突起があることでかかる体圧が全体にバランスよく分散するんです。
 
▽カバーを外してみるとこんな風になっています。やっぱりタマゴケース。
IMG 1747
▽真横から見てみました!ぎゅっと目が詰まってちょうどいい硬さですよ。
IMG 1748
 
▽カバー外した状態。これが3枚カバーに入れることで繋がる形になってます。
 3枚(頭・腰・足)を適度にローテーションさせることでへたりにくく長持ちするとのこと。
IMG 1750
 
▽体圧分散のイメージ図。上の図がこのフトンです。腰のあたりの負担が少なそうですね。
 実際寝てて分散してる感はよくわからないですが。腰痛の人とかだと違うかどうかよりわかるのかもしれないです。
IMG 1742
 
 

かなり分厚い

 
▽見ての通りかなり厚めで7センチくらいありました。
IMG 1743
 
寝転がってみるとしっかりと厚さがある分、床の硬さが全く感じない。
かと言って柔らかすぎずちょうどいい弾力。
表面の突起は寝転がっても特に気になる感じはしないです。
 
厚さがある分、メーカーによってはシーツのサイズが合わないことはありそうですね。
薄いフトンにピッタリサイズのファスナーで閉める包むタイプのシーツは買うときに注意した方がいいです。
ニトリで、サイズに合うものを買うのが無難ですね。
 
厚みがあって普通のフトンのようにクニャっと曲がらないので、シーツに少し入れにくいのはあります。
とはいえ気になるほどではないです。
 

自立するから室内で陰干ししやすい

 
あとは厚みがあって屏風のようにしたら自立するので、部屋の中での陰干しがしやすいですね。
▽裏面の湿気を飛ばしやすいです。
IMG 1745
 
▽各板の接続部分。マジックテープがついてて、敷いた時に安定するようになってます。
IMG 1744
 
逆に、ベランダとかで干すのはやりにくいです。
3枚のスポンジの板をつなげた形になっているので、ベランダにかけて干すとなると2対1に曲げる形になって、重さが偏ってる分落ちそうで不安です。。
 
IMG 1751
 
見た目通り重さもそこそこあります。
普通のフトンの1.5倍くらいは体感である感じがしますね。
なので上げ下ろしや干す時に、女性の方は少し大変に感じるかもしれません。
 

まとめ

 
体圧が分散しているかどうかはよくわからないですが、寝心地はかなりいいです。
3ヶ月使ってみましたが、かなり快適に眠れていいますよ。
 
あとは長く使った時に、へたりや湿気のたまり具合がどうなのかというのがこれから気になるところ。
 
MEMO
追記。使い始めて1年以上たちましたが、極端なへたりや劣化は感じません。もともと厚さがあるので強さもしっかりした感じです。まだまだ快適に使えていますよ
 
マットレスと布団を別にするより、一体型の厚いフトンの方が取り扱いしやすいですよ。
 
気になってた方はご参考に。
 
では、また!